債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > SFCG、元会長の破産申し立て…過払い金債権者

SFCG、元会長の破産申し立て…過払い金債権者

読売新聞によると、
破産手続き中の商工ローン最大手「SFCG」(旧・商工ファンド)に対する過払い金債権者が8日、「破綻直前に財産を散逸させ、会社に損害を与えた」として、同社の大島健伸元会長(61)の破産を東京地裁に申し立てた。
元記事

==以下引用==
債権者らの代理人を務める「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」によると、破産を申し立てたのは法人44社などで、債権総額は約3億4000万円。同社を巡っては、破産管財人の調査で、破綻直前に2670億円もの資産が親族会社などに流出していることなどが明らかになっており、同弁護団は、「元会長の主導による財産隠しの可能性が高い」と主張している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「詐欺:行員かたるカード詐取 野田の男性、振り込めでも被害 同一犯か /千葉」です。

次のニュースは「プロミス:09年3月期、最終赤字1251億円」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結