債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 詐欺:行員かたるカード詐取 野田の男性、振り込めでも被害 同一犯か /千葉

詐欺:行員かたるカード詐取 野田の男性、振り込めでも被害 同一犯か /千葉

毎日新聞によると、
県警捜査2課は27日、野田市の無職の男性(74)が千葉銀行の行員を装った男に現金やキャッシュカードをだまし取られる被害があったと発表した。
元記事

==以下引用==
同課によると、22日午前9時ごろ、男性の自宅に、千葉銀行本店営業部と記載した名刺を持つ25歳くらいの男が訪ねてきた。「カードの磁気が弱いので回収する。念のため暗証番号を教えて下さい。23日に新しいキャッシュカードが届きます。千葉興業銀行と打ち合わせた。興銀のカードも預かります」と言われ、両行のカード計2枚を渡した。その際、千葉興業銀行本店営業部と記載された別の名前の名刺も示したという。その後、男性の口座から計380万円が引き出された。

 また、男性は2日前の20日正午過ぎ、実在しない「野田市医療支援センター」の職員を名乗る男から「医療費過払いがある。ATM(現金自動受払機)で手続きできる」などと電話を受け、銀行のATMで、携帯電話で指示を受けながら指定口座に現金350万円を振り込んだという。

 男性は23日になっても新しいカードが届かないことを不審に思い野田署に相談、被害が発覚した。同課は同一犯の可能性があると見て詐欺容疑で捜査している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「「コード71」って何? 「過払い金請求者」大モメ」です。

次のニュースは「SFCG、元会長の破産申し立て…過払い金債権者」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結