債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アコム、プロミス、三洋信販、武富士を格下げ方向でクレジット・ウォッチに=S&P

アコム、プロミス、三洋信販、武富士を格下げ方向でクレジット・ウォッチに=S&P

時事通信ニュースによると、
スタンダード&プアーズ(S&P)は21日、アコム、プロミス、三洋信販、武富士の長期・短期カウンターパーティ格付けと長期優先債券の格付けを引き下げ方向で「クレジット・ウォッチ」に指定したと発表した。
元記事

==以下引用==
国内景気の急激な悪化を背景に、過払い利息返還請求の高止まりが長期化している中で、同費用を含む与信費用による利益圧迫度合いがスタンダード&プアーズの従来の想定を上回る可能性があることを反映したものである。アイフルについても同じ理由から、格下げ方向の「クレジット・ウォッチ」を継続する。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融借り入れは年収の3分の1 規制導入でヤミ金に走る人が増える?」です。

次のニュースは「過払い金の消滅時効の判決で、最高裁裁判官の一人が大反論」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結