債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミス過払い金の返還の積み立てなどで、大幅赤字

プロミス過払い金の返還の積み立てなどで、大幅赤字

さくらフィナンシャルニュースによると、消費者金融大手のプロミスが前回予想162億円の黒字から1270億円の赤字に転落するとのことです。

==以下引用==
【4月17日、さくらフィナンシャルニュース=東京】キャッシグや消費者金融のプロミス(東:8574) は17日、2009年3月期通期の業績予想を修正し、純損益を前回予想162億円の黒字から1270億円の赤字に引き下げた。前年は159億円の黒字だった。個別決算では、利息返還関連の引当金について、前回計画の期末時点の引当金残高2,635億円に対し751億円の積み増しを実施し、期末時点の引当金残高を3,386億円とする予定。また、期末時点の債権内容を保守的に精査し、貸倒処理を行なうことにより、貸倒償却額が計画の1,079億円に対し 174億円増加する見込み。また、子会社3社の売却ならびに営業貸付金債権の売却による特別損失の発生などを見込んでおり、1,300億円の当期純損失となる見通し。


連結営業損益を前回予想452億円の黒字から690億円の赤字(前年は629億円の黒字)に、経常利益を前回予想456億円の黒字から680億円の赤字(同643億円の黒字)に引き下げた。営業収益に変更は無かった。

また配当予想の修正として、2009年3月期の期末配当を前回予想20円から0円に引き下げた。前期実績は20円だった。【了】

http://www.sakurafinancialnews.com/news/8574/20090417_15

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い金請求の仕方教えます」です。

次のニュースは「貸金業者1年ほどで3割減 地方の零細業者が急減」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結