債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 平均借金額は480万5000円、5社から――東京都の多重債務者

平均借金額は480万5000円、5社から――東京都の多重債務者

Business Media 誠によると、

東京都の多重債務者230人の平均借金額は480万5000円、5社から借り入れているようです。(
元記事

==以下引用==

 東京都は9月29日、無料で実施(9月4、5日)した「多重債務110番」の結果をまとめた。東京三弁護士会、東京司法書士会などの協力を得て、弁護士20人と司法書士1人が対応。2日間の相談件数は230件で、男女比は男性7に対し女性3だった。

 相談者の平均年齢は51.2歳で、最年長は92歳、最年少は22歳。平均借入先は5社(借入先は同じ会社から複数の借入れがあるときは1社としてカウント)で、最も多かった人は30社に達した。また1人当たりの平均債務額480万5000円(住宅ローンまたは事業資金関係は除く)、借入をした理由は「低収入・収入の減少」が最も多く27%。このほか「事業性資金の補てん」(9%)、「ギャンブル・遊興費」(8%)、「保証・肩代わり」(5%)、「住宅ローンなど借金の返済」(3%)などの理由が多かった。

 「多重債務者の多くは返済のために新たな借入れをするなど、いわゆる『自転車操業状態』に陥ることが多い。今回の相談でもこうした実態が把握された」(東京都)。東京都では関係団体との連携を図りながら、多重債務者の相談などに応じる「東京モデル」を実施している。「多重債務者がどこの相談窓口に来ても、適切に対応していく方針だ」(同)という。


ひとつ前のニュースは「残りは武富士とアイフル?」です。

次のニュースは「新ブランド「ベネシア」を立ち上げ 武富士」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結