債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > [過払い金請求]自治体が消費者金融プロミスに勝訴

[過払い金請求]自治体が消費者金融プロミスに勝訴

毎日.jpによると、

兵庫県芦屋市が大手消費者金融「プロミス」(本社・東京都)に対し、市税滞納者が借金返済で過剰に支払った利子(過払い金)約31万円の返還を求めた訴訟に勝利した。(元記事

==以下引用==

 兵庫県芦屋市が大手消費者金融「プロミス」(本社・東京都)に対し、市税滞納者が借金返済で過剰に支払った利子(過払い金)約31万円の返還を求めた訴訟の判決が10日、西宮簡裁であり、西田文則裁判官は全額の支払いを命じた。地方自治体による過払い金請求訴訟では全国初の勝訴で、地方税の滞納を過払い金返還で整理する動きが加速しそうだ。

 利息制限法(上限15~20%)と出資法(同29.2%)の中間にある「グレーゾーン金利」は06年1月、最高裁判決が無効と判断した。過払い金は、この金利分の負債で、地方税滞納分に充てるため、各地の自治体で消費者金融に返還を求める訴訟が相次いでいる。

 芦屋市は市民税など約128万円を滞納する男性(50)から、消費者金融5社への過払い金計約410万円の「返還請求権」を差し押さえ、支払いを請求。昨年10月、応じなかった2社のうち「プロミス」を提訴した。

 プロミスはグレーゾーン金利について、「広告などで周知徹底しており、支払いに任意性があった」と過払いを否定。しかし、西田裁判官は「規約で支払うことを事実上強制していた」と判断した。

 プロミス広報室の話 判決文が届いていないのでコメントできない。


ひとつ前のニュースは「多重債務者が水面下で「ヤミ金」へ大量流入」です。

次のニュースは「撤退図る外資系消費者金融」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結