債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 早期完済違約金は違法と提訴

早期完済違約金は違法と提訴

京都新聞によると、

消費者金融会社「ニューファイナンス」の早期完済違約金は違法と大阪市の消費者団体が提訴したそうです。(元記事

==以下引用==

 京滋などで店舗を展開する消費者金融会社「ニューファイナンス」(大津市)が、期限前に一括返済した顧客に違約金を支払わせるのは消費者契約法に反するとして、大阪市の消費者団体が8日、同社に「早期完済違約金支払い条項」の使用差し止めを求め、京都地裁に提訴した。首相の認定を受けた消費者団体が事業者に不当行為の差し止めを請求できる「消費者団体訴訟制度」に基づく全国2例目の提訴となる。
 訴状によると、同社は、借り主が最終弁済期日より前に一括返済する場合や、期限後に一括返済する場合に、通常の金利に加え、その時点で残っている元金の3%の違約金の支払いを求める契約条項を設けている。
 訴えを起こした「消費者支援機構関西」は「短期間で完済するケースでは、利息制限法はもちろん、出資法の上限も超える高金利になり、不当な条項だ」と指摘する。この条項をめぐっては、同社に過払い金の返還を求めた京都地裁の別の訴訟で、「無効」とする判決が確定している。


ひとつ前のニュースは「アコムの広告の大きな瞳の美女“江波戸ミロ”はどんな娘か?」です。

次のニュースは「【独女通信】独女の借金事情」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結