債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業1万社割れ

貸金業1万社割れ

フジサンケイ ビジネスアイによれば、

貸金業1万社割れ 法改正で新規参入激減 ピークの5分の1になったそうです。(元記事

==以下引用==

 金融庁が7日発表した消費者金融など貸金業関係の統計資料集によると、全国の貸金業者数は1月末時点で9819社となり、1983年の貸金業規制法施行以来初めて1万社を割り込んだ。昨年3月末比では17・0%減り、ピークの86年3月末と比べると5分の1に減少した。

 内訳をみると、都道府県内での営業に限る都道府県登録業者は9223社、県境を越えて営業する財務局登録業者は596社だった。

 金融庁によると、貸金業者数は減少傾向にあったが、2003年成立のヤミ金融対策法で登録条件が厳格化されてから新規参入が激減。さらに、06年末成立の改正貸金業法で、今後は上限金利の引き下げや融資の総量規制導入、業者登録に必要な最低純資産額の引き上げが予定されている。

 加えて、利息制限法を上回るグレーゾーン金利の返還訴訟が相次ぐなど営業環境は厳しさを増しており、今後も業者数減少は止まらないとみられる。特に、登録回数1回目では、ほぼ半数が自主的な廃業や行政処分による登録取り消しなどで退出している。

 一方、昨年3月末の貸付残高を新たに公表。消費者向け無担保貸付の残高は合計9兆8993億円に上り、うち89・7%が改正貸金業法で新たに上限とされる「金利20%」を超えていた。

 昨年は新規契約の金利引き下げが相次いだが、消費者金融大手4社でも昨年末の「金利20%」以下の貸し出しは残高の4分の1程度にとどまっているとみられ、2年後めどの上限金利引き下げへの対応が急務となる。


ひとつ前のニュースは「武富士が業績予想を下方修正の可能性」です。

次のニュースは「武富士、サブプライムローンで最大300億円の損失」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結