債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > レイク売却再び?

レイク売却再び?

ロイター によれば、

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は20日、日本での消費者金融事業「レイク」の買い手を積極的に捜しており、第3・四半期末までに同事業を売却したい意向を示したそうです。(元記事

==以下引用==

[ボストン 20日 ロイター] 米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N: 株価, 企業情報, レポート)は20日、日本での消費者金融事業「レイク」の買い手を積極的に捜しており、第3・四半期末までに同事業を売却したい意向を示した。

GEは昨年、日本での金融規制変更に伴いレイク事業の売却方針を発表していた。

GEは予想売却額が簿価を下回る見通しだとして、税引き後の売却損9億0800万ドルを計上済み。

また、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)を取り扱う子会社のWMCモーゲージ売却が12月に完了したことも明らかにした。売却額は1億1700万ドルで、税引き後の損失6200万ドルは第4・四半期に計上済み。


ひとつ前のニュースは「[米シティ]ディックを売却へ」です。

次のニュースは「[三井住友]傘下の4社、来春にも統合か」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結