債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > [米シティ]ディックを売却へ

[米シティ]ディックを売却へ

毎日.jp によれば、

米金融大手シティグループが日本で「ディック」ブランドなどを展開する子会社CFJを売却するそうです。(元記事)

==以下引用==

 【ワシントン斉藤信宏】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は19日、関係者の話として、米金融大手シティグループが日本で「ディック」ブランドなどを展開する子会社CFJを売却し、日本の消費者金融事業からの撤退を検討していると報じた。シティは、07年の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)絡みの損失が286億ドル(約3兆600億円)に膨らみ、不採算事業からの撤退を急いでいる。

 日本の消費者金融事業は、改正貸金業規制法の成立で経営環境が急速に悪化している。CFJは既に、06年には日本国内の消費者金融の店舗数を324から51店舗まで大幅に減らすリストラを実施していたが、サブプライムローン問題でシティの経営状態も悪化しているため、全面撤退を含めた検討に入ったという。

 同紙によると、シティは日本のほか、メキシコや英国でも消費者金融事業の縮小を検討しているという。


ひとつ前のニュースは「[アイフル]1200億円増資 自己資本比率改善へ」です。

次のニュースは「レイク売却再び?」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結