債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > [アイフル]1200億円増資 自己資本比率改善へ

[アイフル]1200億円増資 自己資本比率改善へ

毎日.jp によれば、

消費者金融大手のアイフルは、2月末に総額1200億円の増資を行うと発表し、経営の本格的な建て直しに乗り出すそうです。(元記事)

==以下引用==

 改正貸金業法の施行や利息制限法の上限を超える過払い金利の契約者からの返還請求急増で、経営不振に陥っている消費者金融大手のアイフルが13日、2月末に総額1200億円の増資を行うと発表し、経営の本格的な建て直しに乗り出した。今回の増資で大手4社の中で最も低い自己資本比率を引き上げて信用力を向上させ、再建の弾みにしたい考えだが、同日の株式市場でアイフルの株価は前日比で1割以上下落するなど、市場の視線はなお厳しい。

 1200億円の増資のうち、500億円は創業者の福田吉孝社長と親族の資産管理会社が引き受け、残る700億円はユーロ円建ての転換型新株予約権付き社債の発行で調達する。社債は野村証券グループが全額引き受け、投資家に販売する。この資本増強を“軍資金”に、アイフルは改正貸金業法に伴う貸出総量規制で先細りした消費者金融事業に依存する現在のビジネスモデルを転換、中小・零細企業向けの事業者ローンやクレジットカード事業を拡大して生き残りを図る方針だ。

 ただ、事業者ローンやクレジットカード市場は大手行や信販なども入り乱れて競争が激化している。ライバルのアコムやプロミスがメガバンクと資本・業務提携する中、独立系のアイフルの戦略が思い描いた通りに進むかは不透明だ。市場は今回の増資について、主力行の住友信託銀行の対応にも関心を寄せていたが、出資は見送られた。多額の自己資金を投入し再建に不退転の構えを示す福田社長がアイフルの具体的な生き残りの青写真をどう描くか、業界再編の可能性もはらむだけに注目されている。


ひとつ前のニュースは「「総量規制」で3社しか生き残れない」です。

次のニュースは「[米シティ]ディックを売却へ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結