債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > [プロミス]グレーゾーン金利全廃検討 既存契約分も含め

[プロミス]グレーゾーン金利全廃検討 既存契約分も含め

毎日新聞によると、

既存契約分についても、グレーゾーン金利の撤廃を検討しているようです。(元記事

==以下引用==

 消費者金融大手のプロミスが、利息制限法の上限(15~20%)と出資法の上限(29.2%)の間の灰色(グレーゾーン)金利を、既存契約分も含め全廃する方向で検討していることが6日、分かった。全廃しても黒字が確保できる見通しがつけば、年内にも全契約者の金利の上限を年20%以下に下げる。消費者金融大手各社は、新規契約分から上限金利を引き下げているが、既存契約者も含めた引き下げは初めて。

 貸金業規制法の改正に伴う3年後の灰色金利の禁止に、前倒しで対応したもの。プロミスの上限金利は現在年25.55%。優良顧客には20%以下の金利を適用しているが、平均は約21%。

 灰色金利は3年間認められているが、消費者金融やカード会社は優良顧客の囲い込みなどで上限金利を前倒しで引き下げている。他社は、新規契約者と一部の優良顧客に対象を限定しているが、プロミスは「新規契約者だけ下げれば、今まできちんと返済してきた既存契約者の反発を買い、顧客離れにつながりかねない」(同社首脳)と判断した。

 プロミスは利息制限法の上限金利を超えて受け取った「過払い利息」の返還請求が増え、07年3月期連結決算は上場来初の赤字となったが、08年3月期連結決算はリストラなどで140億円の黒字を見込んでいる。08年3月期決算が赤字に陥る可能性があれば、金利引き下げは先送りする。【斉藤望】


ひとつ前のニュースは「[クレジット金利]相次ぎ引き上げ リボ払いで批判の声も」です。

次のニュースは「[過払い訴訟]発生時から利息付きで返還 最高裁が初判断」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結