債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > [三菱UFJ]ジャックスを傘下に 事業拡大と効率化図る

[三菱UFJ]ジャックスを傘下に 事業拡大と効率化図る

毎日新聞によると、

三菱UFJがジャックスを傘下にして、三菱UFJニコスとともに事業拡大と効率化図るそうです。(元記事

==以下引用==

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は21日、信販大手のジャックスを傘下に収める方針を明らかにした。グループで約7%の出資比率を、第三者割当増資を引き受けて20%超に高め、持ち分法適用会社にする。三菱UFJFGはカード子会社の三菱UFJニコスの信販部門をジャックスに譲渡し、グループのノンバンク事業の拡大と効率化を図る。ジャックスは、信販取扱高で首位のオリエントコーポレーションに肩を並べる。同日午後に発表する。

 三菱UFJFGの銀行子会社の三菱東京UFJ銀行が、今年度中にもジャックスが実施する100億円規模の第三者割当増資を引き受ける。その後、自動車や家具などの分割払い契約である「個品割賦」を中心とする信販部門を三菱UFJニコスからジャックスに会社分割方式で譲渡。三菱UFJはグループの信販部門をジャックスに集約し、営業拠点などを統廃合して経営効率を高める。三菱UFJニコスはカード事業に特化する。

 三菱UFJFGは当初、旧東海銀行系の信販セントラルファイナンスとジャックスの経営統合を計画していた。しかし、セントラルは三菱UFJFGに反発してグループを離脱、三井住友FG傘下に移ったため、方針転換を迫られていた。


ひとつ前のニュースは「悪質な金融業者200件を超える勢い、東京都」です。

次のニュースは「プロミスも灰色金利撤廃へ=前倒しで対応、大手3社目」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結