債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融の貸付残高、半年で6000億円減る

消費者金融の貸付残高、半年で6000億円減る

YOMIURI ONLINE によると

消費者金融大手27社の貸付残高が2006年10月~07年3月の半年間で約6000億円減っていたそうだ。(元記事

==以下引用==


 消費者金融大手27社の貸付残高が2006年10月~07年3月の半年間で約6000億円減っていたことが19日、金融庁のまとめで分かった。

 上限金利の引き下げを柱とする改正貸金業法が昨年12月に成立し、大半の業者が貸し出し基準を厳しくしたことが要因だ。

 大手27社の2007年3月末の貸付残高は9兆5739億円で、半年前の10兆1698億円と比べ、約6%減少した。貸出件数も約100万件減少し、1591万件となった。

 申し込みに来た客に対し、実際に融資を行った割合を示す「成約率」は半年で9・3ポイント下落、32%まで落ち込んだ。

 経営環境の悪化が予想されることから、各社はコスト削減を進めており、店舗数も減少している。3月末の有人店舗数は27社合計で2184店となり、半年前の2817店と比べて約22%減少した。

 一方、利息制限法の上限(年15~20%)を超えて受け取った利息の返還請求に応じて支払った金額(元本減少分を含む)は、06年度は5330億円となり、05年度の2188億円と比べて約2・4倍に膨らんだ。


ひとつ前のニュースは「武富士、故武井氏に弔慰金4000万円=株主総会に議案提出へ」です。

次のニュースは「悪質な金融業者200件を超える勢い、東京都」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結