債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 新生銀行、最終赤字609億円

新生銀行、最終赤字609億円

J-CASTニュースによると、

ネット銀行大手の新生銀行も、最終赤字609億円とのこと。(元記事

==以下引用==


新生銀行が2007年5月9日に発表した07年3月期決算によると、最終損益(連結ベース)は609億円の赤字だった。経営破綻した旧日本長期信用銀行を引き継いで2000年3月に発足して以来、赤字に転落したのは初めて。貸金業法の改正に伴い、資産計上していた信販子会社アプラスの「のれん代」を減損処理したことが主因で、持分法適用子会社の消費者金融シンキも足を引っ張ったという。シンキを含めた減損処理に伴う特別損失は1,041億円になった。買収したノンバンクをテコに個人向け事業に注力する戦略が、過払いや灰色金利の撤廃問題で貸金業の規制が強化されたために、つまずきとなった。


ひとつ前のニュースは「新生銀行、最終赤字609億円」です。

次のニュースは「アコム、上限金利18%に引き下げへ・規制強化先取り」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結