債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフル、753人の顧客情報紛失=店舗統廃合の際に廃棄か

アイフル、753人の顧客情報紛失=店舗統廃合の際に廃棄か

時事通信によると、

 アイフルが、顧客の氏名や住所、借入額などが記載された書類を753人分紛失していたことが7日までに明らかになった。(元記事

==以下引用==

 アイフルが、顧客の氏名や住所、借入額などが記載された書類を753人分紛失していたことが7日までに明らかになった。店舗統廃合の作業の中で、誤って廃棄したとみられる。情報の不正利用などの被害は確認されておらず、同社は「外部に漏れた可能性は低い」としている。


ひとつ前のニュースは「過払い金、新たな借金に充当可能 最高裁初判断」です。

次のニュースは「武富士:貸出金利上限を年15~18%に下げ 12日から」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結