債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融大手4社が赤字 3月期決算、計1兆7000億円

消費者金融大手4社が赤字 3月期決算、計1兆7000億円

中日新聞によると、

消費者金融大手4社の赤字、1兆7085億円に上る。(元記事

==以下引用==

 アイフル、アコム、プロミス、武富士の消費者金融大手四社の二〇〇七年三月期連結決算が十日、出そろった。四社とも純損失を計上し、赤字額は合計で約一兆七千八十五億円に上った。

 出資法の上限金利(年29・2%)と利息制限法の上限(元本によって年15-20%)の中間に当たる「グレーゾーン金利」の返還請求が急増。返還に備えた引当金積み増しによって業績は大きく悪化した。

 四社の貸付金残高(三月末時点)の合計は約六兆五千四百億円と、一年前に比べ7・3%減少。拡大を続けてきた消費者金融業界が曲がり角を迎えたことを裏付けた。各社とも上限金利引き下げや規制強化で収益が圧迫されることは避けられず、店舗、人員の一層の合理化を迫られそうだ。

 大手四社は「金利返還のための引き当てはほぼ終わった」(プロミス)としており、〇八年三月期は黒字回復を見込んでいる。

 十日に決算を発表したアコムの純損失は四千三百七十九億円だった。

 同社は消費者金融大手で初めて金利を下げる。現行では年27%台の貸出金利の上限を六月十八日の新規契約から年18%に変更する。木下盛好社長は「低い金利で優良な顧客を獲得することが、会社の価値を高めることにつながる」と述べた。

 武富士は四千八百十二億円の純損失を計上。七月末をめどに、有人店舗を七十一店削減する新たなリストラ策を明らかにした。アイフルの純損失は四千百十二億円、プロミスは三千七百八十二億円だった。

 貸付金残高は、アイフルが昨年三月末に比べ11・1%減の一兆九千八百五十二億円。他の三社も4-7%減少した。


ひとつ前のニュースは「新生銀行、最終赤字609億円」です。

次のニュースは「消費者金融など140社を提訴・1800人、過払い金返還請求」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結