債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 三洋信販、業務停止…金融庁が命令

三洋信販、業務停止…金融庁が命令

YOMIURI ONLINE 読売新聞によると、

三洋信販に業務停止命令が出ました。923の全ての店舗が対象です。(

==以下引用==

 金融庁は20日、「ポケットバンク」のブランドで全国展開する消費者金融大手の三洋信販(本社・福岡市)に対し、1月15日から26日までの12日間、国内923(有人126、無人797)のすべての営業店舗を対象に業務停止命令を下したと正式発表した。

 処分を受け、三洋信販の松本睦彦社長は20日、福岡市内で記者会見し、松本社長の月額報酬を3か月間、30%減給するなど8人の取締役全員を降格や減給とする処分を発表した。松本社長は会見で、「内部管理体制に多くの課題を残していることを痛感している」と謝罪した。

 業務停止の期間中、同社は新規融資や勧誘、貸し出しの回収などの業務ができなくなる。顧客からの自主的な返済は受け付ける。

 金融庁によると、顧客から利息制限法の上限金利(年20~年15%)を超えて取りすぎた利息を返還する際、返還額を減らすために、取引履歴を改ざんしたり、正当な理由のないまま履歴の開示を拒んだりした事例が532件も見つかった。さらに、返還額を減らした社員に高い人事評価を与えるなどしていた。

 金融庁は、「店舗ではなく、本部で生じた問題で、幅広い支店に影響が及んでいる」点を重視し、異例の厳しい処分を下した。


ひとつ前のニュースは「三洋信販、全店業務停止…取引履歴改ざん」です。

次のニュースは「アコム、希望退職を打ち切り…予定人数に到達」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結