債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 最大500万円限度、加盟店に無担保融資…来月から三井住友カード

最大500万円限度、加盟店に無担保融資…来月から三井住友カード

YOMIURI ONLINE 読売新聞によると、

グレーゾーン金利撤廃による新たな収益源だそうです。(元記事

==以下引用==

 ビジネスを5月中旬から始める方針を明らかにした。カードの利用状況から加盟店の収入や客層などを推定、取引実績なども加味したうえで融資枠や適用金利(年7~17%)を決める。

 カード会社が独自のノウハウを活用してビジネス資金を融資するのは業界で初めてという。融資を行う前に豊富なデータを活用できるため、消費者金融会社などと比べて金利を低めに設定できるとしている。

 融資枠は、キャッシング(無担保融資)機能を備えた新型クレジットカードを発行する形で設定する。年会費1312円の「クラシック」(300万円まで)と、1万500円の「ゴールド」(500万円まで)の2種類。三井住友カードの加盟店は、飲食店や雑貨店など個人事業主が多く、機動的に使える資金に対するニーズが高い。カード業界も、昨年12月に改正貸金業法が成立し、収益環境の悪化が避けられない見通しとなっており、新たな収益源の確保が急務となっていた。


ひとつ前のニュースは「三和ファイナンス、全店停止43日間 違法取り立て悪質」です。

次のニュースは「キャッシング利用額、9%減・7カ月連続減」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結