債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融「レイク」が有人店舗6割を閉鎖

消費者金融「レイク」が有人店舗6割を閉鎖

J-CASTニュースによると、

レイクもリストラでグレーゾーン金利撤廃に対応するようですね。(元記事

==以下引用==

消費者金融大手の「レイク」を運営するGEコンシューマー・ファイナンスは2007 年3月8日、レイクの全有人店舗115店のうち73店を、無人(ATM)店舗1,342カ所のうち約200カ所を年内に閉鎖するなどのリストラ策を発表した。また、訪問による回収業務を止め、全国48カ所にある回収拠点を閉鎖し、電話で支払い請求業務を行っているダイヤラーサービスセンターを拡張する。さらに、300~400人程度の早期退職者を6月までに募集する。

貸金業法の成立により、09年末にも消費者ローンの上限金利が年29.2%から年15~20%に下がるので、今後の収益環境が一段と厳しくなると判断した。GEは「新しい事業環境に適したビジネスモデルを構築し、顧客への充実を図りたい」とコメントしている。


ひとつ前のニュースは「オリコ巨額赤字、不良債権処理響く 資本に負の遺産」です。

次のニュースは「過払い金など求め集団提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結