債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 三和ファイナンス、全店停止43日間 違法取り立て悪質

三和ファイナンス、全店停止43日間 違法取り立て悪質

SankeiWebによると、

全店停止43日間だそうです。(元記事)

==以下引用==

 金融庁は4日、消費者金融準大手の三和ファイナンス(東京都新宿区)に対し、本社主導で違法な取り立てを行っていたなどとして、国内415の全店舗(無人店を含む)について43~66日間の業務停止命令を出した。貸金業者への全店業務停止命令としては最長の処分となる。

 昨年の立ち入り検査で、債務者の家族らに支払いを迫ったり、子供の学校名をしつこく聞くなどの違法な取り立てが、札幌支店や八重洲支店などで行われていたと判明。取引履歴の開示を求められた際に一部を保有していないとうそを答えたり、交渉の経過を帳簿に記載しなかったりした違法行為が複数の支店で見つかった。

 さらに、違法行為を助長するマニュアルや本社の指示がみとめられ、金融庁は「全社的に法令順守意識が著しく欠如し、内部管理体制に重大な不備がある」として、異例の長期処分とした。

 違法行為が見つかった札幌支店など10カ所は4月23日から45~66日間(営業日で30~45日)、その他の全店は43日間(28日)、顧客からの返済など一部を除き、貸し出しや勧誘といった全業務を停止する。

 三和ファイナンスは昭和47年創業、昨年末の貸出残高は約1464億円で業界11位(推定)。全店業務停止は昨年4月のアイフル、12月の三洋信販に続く。


ひとつ前のニュースは「米GE、三洋クレジット買収=TOBで子会社化、株式は上場廃止へ」です。

次のニュースは「最大500万円限度、加盟店に無担保融資…来月から三井住友カード」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結