債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > キャッシング利用額、9%減・7カ月連続減

キャッシング利用額、9%減・7カ月連続減

NIKKEI NETによると、

貸付の金利を下げると、貸せる人も少なくなるんでしょうか。
つまり、今までのグレーゾーン金利による貸付って、ハイリスク・ハイリターンなビジネスだったのでしょうね。(元記事

==以下引用==

 日本クレジット産業協会がまとめた2007年2月のキャッシング利用額は、前年同月比9.1%減の3976億円だった。前年実績を下回るのは7カ月連続で、減少幅は前月より3.5ポイント拡大した。貸金業法の改正で、09年末にも貸付上限金利は年15―20%に下がる見通し。このためカード各社は融資審査を厳しくしており、利用額減少につながっているようだ。


ひとつ前のニュースは「最大500万円限度、加盟店に無担保融資…来月から三井住友カード」です。

次のニュースは「大手4社で1.7兆円超」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結