債務整理ナビトップ > Q&A > 借金整理の方法にはどのようなものがありますか? Q&A

Q. 借金整理の方法にはどのようなものがありますか?

借金整理の方法は、大きく分けて、
(1)裁判所を使う方法(自己破産・免責手続き、個人再生手続、特定調停手続)
 a)自己破産免責手続とは、
  裁判所に破産と免責の申し立てを行い、借金を全額免除してもらう方法です。

 b)個人再生手続とは、
  裁判所で認められた返済額を分割返済し、残りの借金を免除してもらう方法です。
  小規模個人再生手続給与所得者等再生手続があります。
  自己破産と違い、借金の一部を返さなければ行けませんが、住宅ローン付きの
  自宅を残すことができます。

 c)特定調停手続とは、
  借金の返済が滞りつつある借主について、(簡易)裁判所が、借主と貸主その他の
  利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立する
  よう働きかけ、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続です。
  利息制限法により借金を計算しなおし、残金の額を減らし、あわせて分割払いなど
  返済期間の延長を行います。
  いわば、d)の任意整理を裁判所の仲介のもとに行うものといえます。本人でも
  比較的容易に利用できることや、裁判所が間に入ってくれるので任意整理よりも合意が
  成立しやすい傾向にあるといえます。

(2)裁判所を使わない方法(任意整理)
 d)任意整理とは、債権者(金融業者)と交渉し、借金を減額してもらう方法です。
  こちらも、利息制限法により借金を計算しなおし、残金の額を減らし、あわせて分割払いなど
  返済期間の延長を行うのが基本です。

があります。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
過払い金の返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で弁護士相談する
2.弁護士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い 金 の請求
7.和解(契約)書の締結

Y-sch
弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 過払いナビ